« こうもり、毛虫の次はハチ・・・ | トップページ | 今度はカマキリ!! »

技術翻訳講座

なぜか急に「翻訳」を勉強してみたくなり、技術翻訳のクラスを受講するため名古屋へ。

通訳技術は専門学校で2年ほど学んだことがあるのですが、「翻訳技術」を学ぶのは初めて。初日の課題は英ー日だったので軽くなんとかなるだろうと思っていたのですが、う~ん、難しい。

プロの翻訳者に直接手ほどきを受けたのですが、奥が深い! 「え?そこまで意訳するの?」ということもあるのですが、とにかく日本語の語彙力が必要です。(><)

翻訳家の心得その1:謙虚であれ!
         その2:誠実であれ!
         その3:几帳面であれ! などなど・・・

私は翻訳家向きではないようです・・・ やっぱり通訳者? いえいえ、プロ通訳者T先生に、「ころちゃんは、通訳には向かないよ。気にしいだから・・・ 通訳者は図太い根性がないとだめ」

確かに・・・ 以前、とあるアフリカの国の文化に関する講演会で通訳をしたとき、あろうことか、glass と grass を聞き間違え、「○○国では、草でできている家が多いため云々」ととんでもない誤訳!! アフリカの方の発音で聞き取りにくかったのも事実ですが、私のアフリカに対する間違ったイメージがひきおこした大失敗!! 数日ご飯がおいしくなかったです。 

でもいまだに捨てきれない、同時通訳者の夢・・・ (笑)
韓国語の通訳者に挑戦? それはありえません!現レベルが低すぎて想像すらできません。

Hard to say I'm sorry. シカゴの大ヒット曲、「素直になれなくて」と訳したのはいったい誰なんだろう・・・ うまいっ!!

|

« こうもり、毛虫の次はハチ・・・ | トップページ | 今度はカマキリ!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

muramuraさん、ほんとですよね~。昔の邦題のほうがおもしろかった!!

最近はひねりもなにもないですよね・・・

投稿: | 2007/08/28 16:43

最後のオチが最高です!
昔の洋楽や映画のタイトルは、
こういうナイスな翻訳が多いですよね。
余裕というか、遊びがある。
今は、みんな英語(原題)のままですからね。

投稿: muramura | 2007/08/09 09:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こうもり、毛虫の次はハチ・・・ | トップページ | 今度はカマキリ!! »